MENU

2020年2月8日(土)交戦シリーズvol.1

20191012■場所:後楽園ホール
■開場:PM5:00 開始:PM5:15
■主催:日本キックボクシング連盟
■認定:NKB実行委員会
PRIMA GOLD
【 PRIMA GOLD杯ミドル級トーナメント決勝 】

【ジャパンシフトランド杯59kgトーナメント 準決勝】
■チケット料金
☆リングサイド10,000円 ☆A席5,000円 ☆B席4,000円
※パンフレットを無料で配布しています。
※選手のケガ・病気等によりカードが変わる場合があります。
※お席を必要としない中学生未満のお子さまは入場無料です。

第13試合  PRIMA GOLD杯ミドル級トーナメント決勝
田村 聖

NKBミドル級 前王者(現1位)
田村 聖
(拳心館)

初代・第3代
WPMF スーパーウェルター級王者
清水 武
(sbm TVT KICK LAB..)

第12試合 ジャパンシフトランド杯59kgトーナメント準決勝
髙橋 亮

NKBフェザー級王者
髙橋 亮
(真門)

kotchasan

元ルンピニースタジアム・
スーパーバンタム級7位
コッチャサーン・ ワイズディー
(Y’ZDGYM)

第11試合 ジャパンシフトランド杯59kgトーナメント準決勝
遠藤 駿平

MAライト級王者
遠藤 駿平
(WSRフェアテックス三ノ輪)

村田 裕俊

NKBフェザー級元王者(現2位)
村田 裕俊
(八王子FSG)

第10試合 NKBウェルター級王座決定トーナメント
稲葉 裕哉

NKBウェルター級2位
稲葉 裕哉
(大塚道場)

笹谷 淳

NKBウェルター級3位
笹谷 淳
(TEAM COMRADE)

第9試合 NKBウェルター級王座決定トーナメント
蛇鬼将矢

NKBウエルター級4位
蛇鬼 将矢
(テツジム)

NKBウェルター級5位
SEIITSU
(八王子FSG)

第8試合
http://www.nkb-r.com/Fight/Fighter/Teamkok/nomura.jpg

NKBライト級3位
野村 怜央
(TEAM-KOK)

川畑RYU直輝

ライト級

(KSK GYM)

第7試合 59kg契約
KEIGO

スーパーフェザー級
KEIGO
(フリー)

ガオパヤック・ワイズディー

フェザー級
ガオパヤック・ワイズディー
(Y’ZD GYM)

第6試合
海老原

NKBバンタム級4位
海老原 竜二
(神武館)

古瀬

NKBバンタム級
古瀬 翔
(ケーアクティブ)

第5試合 契約50.80kg
則武 知宏

NKBバンタム級5位
則武 知宏
(テツ)

TOMO

フライ級
TOMO
(K-CRONY)

第4試合 契約61.23kg
パントリー

NKBライト級
パントリー杉並
(杉並)

マサ

NKBウェルター級
マサ オオヤ
(八王子FSG)

前回12月大会では、4戦4勝4KOの恐るべき選手・川畑”RYU”直輝(NKジム)のパーフェクトレコード更新に寄与してしまったパントリー。あまりの衝撃KO劇に場内は騒然、「NKB、怖い。人がバタバタと倒れていく」といったSNSの書き込みまで見られる程だった。一方のマサ・オオヤ。最近は連敗が続き、ひと頃の勢いが影を潜めたが未だその闘志は衰えず、試合に対しても前向きな姿勢を示すようだ。マサ・オオヤも元々はパンチャーであり、そう言った意味ではパントリーとの相性はいいはずだが、この試合は一体どうなるか。両者ともに直近の試合は敗戦、ここでなんとか勝利し復活の狼煙を上げたいのが切なる願いであろう。
第3試合
宮城 寛克

元TENKAICHIウェルター級王者
元TENKAICHIミドル級王者
宮城 寛克(赤雲會)

ゼットン

NKBウェルター級
ゼットン
(NKジム)

12月に引き続きNKB連続参戦となった、沖縄の元王者・宮城。前回はNKBウェルター級4位・蛇鬼のパンチを貰い1ダウン、そのまま判定負けを喫した。対するはNKジムの会長でもあるゼットン、48歳ながらランキング入りを虎視眈眈と狙うベテランだ。久しぶりの試合にはなるが、現在のNKジムは所属選手に勢いがあり、恐らく充実した練習環境ではあろう。しかし宮城のいる沖縄もそれは同じ。現在ではキックボクシングジムが沢山あり、選手数も増えている。出稽古の労を惜しまなければ、練習相手には事欠かないはずだ。連敗は避けたい宮城、ランクインする為にもここで負ける訳にはいかないゼットン。両者の意地が東京・後楽園ホールで火花を散らす。
第2試合 契約55kg
五嶋龍太郎

NKBバンタム級
龍太郎
(真門)

スーパーバンタム級
加藤 和也
(ドージョー☆シャカリキ)

デビュー戦は自身が納得いかなかったであろう闘いをしてしまった龍太郎だったが、2戦目で早くも覚醒。見違えるような動きを見せ、見事KO勝ちを収めた。今回NKB初参戦の加藤は1勝4敗と負け越してはいるものの、その闘いぶりを見れば「戦績なんてアテにならない」と思わされるツワモノ。デビュー戦時は相手が直前キャンセル。まさかのタイ人を当てられたにも関わらず、全く臆する事なく向かっていった強心臓の持ち主だ。この試合、バッチバチの打ち合いになるであろうし、最後はKO決着であろう。しかしその敗者も恥じる事はない。勇気を持って打ち合った結果なのだから。
第1試合
會町tetsu

NKBフライ級
會町tetsu
(テツ)

sora

ジャパンキックボクシング協会
フライ級
空明
(治政館)

42歳になろうとする會町と、16歳の高校生・空明(そら)による26歳差対決。遅いデビューを果たした會町はこれまで2戦2勝と好調ではあるが、今回の相手を子供と侮ってはいけない。名門・治政館で子供の頃から(今も子供ではあるが)経験を重ねてきた、筋金入りのキックボクサー。リング上で空明と向き合った時、會町は気づくだろう。「毛穴が開いてない!!」空明も思うはず「町内会の役員さんみたい」。しかし勝負は分からない。いくら上手くても、16歳では身体が出来ていないのだ。フィジカルで上回る會町か、テクニックの空明か。